染め替えの作業のご紹介

染め替えの作業ってどんなの?
 
 
@ 染め替えの染め液 染め替えの染液を作る
黒染め 黒染めの場合
衣料の総重量に合わせて染液を作ります。
山宗ではベテランの染め師が1点1点丁寧に衣料の様子をみながら美しい黒へ染色していきます。
色染め 色染めの場合
ご希望の色になるよう、本番の衣料の染め替えを行う前に衣料と同素材の生地で染色試験を行います。まずは元色と同じ色を作り、その色がご希望色になるよう何度も試験を行います。
この作業は他社では真似できない熟練の職人の知識と勘が必要な非常に手間のかかる作業となりますが、弊社ではこの作業に力を注いでおります。
試験を重ねた結果、染液を作り一発本番で色染めを行います。染色時間などすべて衣料の様子をみながら作業を行います。
A 染め替え 染め替え
  約60度のお湯の中で衣料に色ムラができないように40分程度衣料をかきまぜながら染色。
脱色する場合には染色を行う前に80度〜90度で15分〜20分程度処理。
B ソーピング(洗い・色落ち防止) ソーピング(洗い・色落ち防止)
  80度〜90度でソーピング作業を10分程おこないます。
深色加工や撥水加工など各種加工をご希望の場合にはソーピング後にしっかりと衣料を天日干しで乾かしてから、改めて加工作業を行います。
C 乾燥 乾燥
  染め替えをした衣類を天日干しします。
D 仕上げ 仕上げ
  丁寧にアイロン仕上げします。
弊社では全ての衣料に無料でアイロン仕上げサービスをさせて頂いております。
E 発送 発送
  染め替えした衣料を丁寧に梱包してお客様のもとへ、いざ出荷・納品です!!
F 最後に 染め替えへの思い
  弊社は創業設立(1976年、社長60年間)より、培われた技術を用い長年染色に携わった技術者により手染めで染め替えを行っております。
お客様の大切な衣料をお預かりしますので、弊社染色研究室を通し1点・1点充分な意見交換を行いまして染め替えに入ります。
お客様に喜んで頂き、社会のエコロジーに繋がるこの事業に力を入れてまいりますので、皆様のご理解とご高配を賜ります様宜しくお願い申し上げます。
 

このページのトップに戻る